プラネタリウム・全天周映画の上映スケジュールは<こちら>

プ ラ ネ タ リ ウ ム

「今夜の星空解説」+「星の降る夜に ~流星群の正体に迫る~」(50分)
令和2年3月13日(金)より上映開始
小学生以上におすすめ  番組リーフレットを見る

星の降る夜に,流れ星への想いがつむぐ物語
 
その夜も少年は,いつものように秘密の丘へと流星観測に出かけた。そこで出会ったのは,謎の老紳士。そして,二人の上に,流れ星がまるで雨のように降り出した…。
「さあ,もっと高い空へ昇って行こう」
老紳士の不思議な力で,二人は雲を越え,流れ星へと近づいて行った。そして大気圏を抜け,ついには地球を見渡すことができる高みへ…。少年はやがて,流れ星と流星群の“本当の真実”に気づいていく。それは,憧れの科学者へと歩み出す初めての一歩となった。
 
夜空に一瞬の光を放ち消えていく,流れ星。その正体は何なのでしょう?
毎年,決まった日に,流れ星が多くなる流星群。どうしてこんな特別な夜があるのでしょうか?
そして,流れ星と太陽系をつなぐ壮大な旅路とは?
時間の流れと空間のスケールをダイナミックに行き来して流れ星の真実に迫ります。
 
企画:飯山 青海 プロデューサー:田中 正明 監督:上坂 浩光
キャスト:加藤 央睦,坂詰 貴之 音楽:山下 宏明
制作・著作:大阪市立科学館/有限会社ライブ/五藤光学研究所
(C)「星の降る夜に」製作委員会

プ ラ ネ タ リ ウ ム

「今夜の星空解説」+「『はやぶさ2』小惑星リュウグウへ」(50分)
令和元年11月9日(土)より上映開始
小学生以上におすすめ  番組リーフレットを見る
(c) 有限会社ライブ

 2014年に打ち上げられた「はやぶさ2」。小惑星リュウグウを探査し,そのかけらを地球に持ち帰ることが目的です。リュウグウには炭素と水が含まれているとみられ,太陽系のはじまりと,地球の生命のはじまりの謎を解く手がかりをつかむことが期待されています。リュウグウへの2度の着陸や,人工クレーターの生成に成功した「はやぶさ2」の活躍に迫ります。

ナレーション: 一色 令子(アクセント)
ミキサー: 前島 慶太(エス・シー・アライアンス)
選曲・効果: 新井 俊平(エス・シー・アライアンス)
制作支援: 西村 久(五藤光学研究所)
構成・演出: 石井 元巳(倉敷科学センター)
企画:  倉敷科学センター

全 天 周 映 画 (※星空解説なし)

「えんとつ町のプペル」(35分)
令和2年3月10日(火)より上映開始
幼児以上におすすめ  番組リーフレットを見る

4000メートルの崖にかこまれ,そとの世界を知らない町がありました。町はえんとつだらけ。くろい煙にとじこめられて,あおい空も,かがやく星もしりません。
あるとき, 夜空をかける配達屋さんが,煙をすってせきこんで,配達中の心臓を,うっかりおとしてしまいました。
えんとつ町のはずれのゴミ山で,ドクドクあばれる心臓に,ゴミがあれこれくっついて,とってもくさいゴミ人間が生まれたのです…。
 
原作:にしのあきひろ(西野 亮廣)お笑い芸人・絵本作家 (C)Akihiro Nishino Yoshimotokogyo
 
声の出演  ナレーション:早見 沙織  プペル:堀内 賢雄  ルビッチ:佐倉 綾音

全 天 周 映 画 (※星空解説なし)

「HORIZON 宇宙の果てにあるもの」(45分)
令和元年11月6日(水)より上映開始
小学生以上におすすめ  番組リーフレットを見る

 初めて系外銀河を発見したハッブル,それまでの学説を覆し宇宙膨張論を説いたルメートル。そして,宇宙背景放射と呼ばれる原初の光を検出し,多くの謎を解明して来た科学者達。現代宇宙論の歩みは,星を見続けて来た人々の挑戦の歴史でもありました。宇宙探査機WMAPプロジェクトの主要メンバーであった宇宙物理学者,小松英一郎氏のもと,最新理論を迫力あるCGで表現。宇宙の地平を追い求める壮大なドラマを,ドーム空間にお届けします。

(C)ライブ (C)五藤光学研究所