広報リリース → ホーム

12月17日(水曜日)配信

   カプセル帰還3周年&プラネタリウム100周年記念 はやぶさ2拡張ミッション拡大イベント

西山和孝 天文講演会
「JAXAイオンエンジン最新情報~はやぶさ2拡張ミッションとDESTINY+(デスティニープラス)~」


小惑星探査機「はやぶさ2」

深宇宙探査技術実証機「DESTINY+」

探査機の管制室

地球に帰還する「はやぶさ2」
日時:2024年3月30日(土曜日) 19:00-20:30
            ※開場は18:30から
講師:西山和孝(JAXA宇宙科学研究所 教授)
会場:倉敷科学センター プラネタリウム
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
定員:160名  参加費:無料

 参加申込受付中参加申し込みはお電話で(086-454-0300)
 定員に達ししだいしめきります
※未就学の幼児の同伴はご遠慮ください
※参加できなくなった場合は、キャンセルの連絡を
 お願いします

◆ 講演概要
「はやぶさ2」は小惑星リュウグウを探査して、惑星の
起源だけでなく地球の海の水の起源や生命の原材料を
探求することが目的でした。

先代探査機「はやぶさ」の教訓をもとに3年半の短期
間で開発された「はやぶさ2」は2014年に打上げられ、
小惑星リュウグウに2回の着陸を成功させ、2020年
リュウグウのサンプルが入ったカプセルをみごと地球
に送り届けました。

「はやぶさ2」はその後、拡張ミッションとして次の
目標天体に向け航行を続けています。講演では「はや
ぶさ2」を支えるイオンエンジンの近況や、その改良版
を搭載し、ふたご座流星群母天体フェートンを探査する
探査機「DESTINY+」の開発状況、将来構想を紹介します。

講師:西山 和孝 JAXA宇宙科学研究所 教授


東京大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授
JAXA宇宙科学研究所において小惑星探査機「はやぶさ」、「はやぶさ2」の宇宙航行用電気推進
ロケットであるイオンエンジンの研究開発や運用に25年間たずさわっている。現在は2025年度
打上げを目指して深宇宙探査技術実証機DESTINY+(デスティニープラス)のイオンエンジンおよび
探査機システムを開発中であると同時に、東京大学教授を併任し大学院生の教育も行っている。
岡山県岡山市出身。岡山朝日高校卒。

◆ 参考
Web:JAXA Hayabusa2 Project はやぶさ2拡張ミッション https://www.hayabusa2.jaxa.jp/
Web:深宇宙探査技術実証機DESTINY+ https://destiny.isas.jaxa.jp/