2021年11月19日 部分月食(はじめに)

学校,こども会,個人など,非営利な教育目的であれば,断りなく自由に印刷し配布を行えます

部分月食  11月19日に,満月の大部分が地球の影の中に入る「部分月食」が観測できます。今回は月が欠けたままのぼってくる「月出帯食」で,午後6時過ぎに月がもっとも大きく欠けます。
 月食は望遠鏡を使わなくても肉眼で十分楽しむことができ,また今回は午後8時前には終了するので,小さなお子さまでも観測気分を満喫できるおすすめの天文現象です。ぜひ大人の方のサポートをお願いいたします。

月食 早わかりガイド

2021年11月19日 部分月食の時間経過(全国共通)各地の月の出 / 日の入の時刻
半影月食の始まり15:00札幌16:04 / 16:08
部分月食の始まり16:18東京16:29 / 16:32
食の最大18:02(食分0.978)大阪16:48 / 16:51
部分月食の終わり19:47岡山16:55 / 16:57
半影月食の終わり21:05福岡17:12 / 17:14
那覇17:37 / 17:39

11月19日の月食の経過

(アストロアーツ社 ステラナビゲータ で作成)

 今回の月食は,岡山県では月がのぼってきた時にはすでに欠け始めていて,月食の全経過を観測できるのは北海道・東北地方の一部の地域に限られます。いずれにしても,のぼってきたばかりの月を観察することになるため,東の低空の見通しが良い場所がおすすめです。
 今回の部分月食の特徴は,満月の98%が地球の影の中に入る「ほとんど皆既月食」なところ。
 皆既月食では,月は完全に真っ暗になるわけではなく,ほんのりと赤い色(赤銅色)に色づきます。  今回は部分月食ながら,午後6時02分の食の最大のころには,影の部分が赤く色づいて見えるかもしれません。
 月食の観測・記録は,色えんぴつを使って月の形や色あいが時間とともに変化する様子をスケッチするのがおすすめです。
 次に岡山県内で観測できる月食はほぼ1年後の11月8日。午後7時16分から午後8時42分まで,1時間半近く皆既の状態が続く皆既月食で,月が天王星を隠す天王星食も同時に起こります。

参考にしたいWebサイト

11月19日は部分月食(2021年11月)・・・国立天文台
月食とは・・・国立天文台
国立天文台の月食情報のページ。月食のしくみや,観測情報が分かりやすく説明されています。

令和3年(2021) 暦要項 日食・月食など・・・国立天文台(暦計算室)
月食各地予報・・・国立天文台(暦計算室)
国立天文台・暦計算室による,月食の時刻や見え方などを調べることができるページです。

月探査情報ステーション
月への探査,月の科学,月に関するあらゆる知識を教えてくれるサイト。
じっくり読めば,月への見方が変わるかもしれません。


過去の月食特集記事