早わかり ペルセウス座流星群講座 (2020年版)

1.最大出現数が期待できる日

 8月12日(水) 深夜から
   13日(木) 明け方にかけて

2.今年の月の条件

 8月12日が下弦
 満月直前だった昨年よりは良さそう
 ほぼ半月(月齢22)

3.観測すべき時間帯

 流星群は夕空にはあまり出現しない傾向がある
 日付が変わってからが勝負
 深夜23時ごろから夜明けまで

4.いくつぐらい流星が見えるか

 天の川が見えるような星がよく見える夜空では
 1時間あたり20から40
 街中の星がよく見えない夜空,または月明かりのある夜空では
 1時間あたり10から20

5.どうながめればいいか

 流星は夜空のあちこちに出現する
  見晴らしのいい場所で、空のどこに流星が現れても見逃さないようにできるだけ空の広い範囲を見渡して、注意深く夜空をながめるのがコツ