星図作成・人工衛星計算ツール (Windows版)

 このソフトウェアは倉敷科学センターの三島により、プラネタリウム投映用に人工衛星の観測予報 を表示させるアシストプログラムとして2021年に開発を始めたWindows用アプリケーションです。 Fulldomeとは、プラネタリウム特有の半球型スクリーンを表す業界用語となっています。
 開発途中にいろんないきさつがあり、チラシ印刷やWeb掲載に利用しやすい星図素材を生成する機能や、 人工衛星の観測予報をSNSに投稿するための素材を生成する機能も加わり、現在のような仕様になりました。
 天体観測用の星図データを作成したり、国際宇宙ステーションの予報データを得る目的で あれば、一般のみなさまにもお役に立てそうなツールとなりましたらので、広く公開を させていただきます。
 非営利の天文教育、普及の目的用途であれば、断りなくご活用いただくことができます。 生成した星図データなどは自由に改変し、公開していただいて構いません。


 実行するとこのような画面が表示されます。
 右側が星図を作成するための設定、右側が国際宇宙ステーションの予報を計算させる設定です。 国際宇宙ステーションの予報を計算するためには、常に新しい軌道情報(軌道要素)が必要となります。 インターネットに接続しているPCであれば、下側のボタン操作で自動的に軌道情報が更新できます。


 どのような素材を出力させるのかは、モード設定で選択します。
 一般用途であればドーム傾斜角の数値設定は常に「O(ゼロ)」にしてください。 ドームマスターモードを使用することもありません。

▲(動画)実際に操作している様子(途中早送りをしています)
 さらに大きな画像で見る ダウンロード (58MB:MP4ファイル)

▼以下のような素材を出力可能です。

 カラー星図と白黒星図(クリックで拡大)
 

 国際宇宙ステーションの飛行経路など(クリックで拡大)
 

 プラネタリウムのドームに映してみた様子
 

 

ダウンロード Download

「 Imagemagick 」 「 Inkscape 」 の2つの外部アプリケーションをインストールしなければ、SatFulldomeはSVG図形データのみを生成し、PNG画像生成プロセスはうまく働きません。
 ※PNG画像を使う目的がない場合は,インストールする必要はありません。

Inkscapehttps://inkscape.org/ja/
 SVG画像データをPNG画像にラスタライズに利用
Imagemagickhttps://imagemagick.org/script/download.php#windows
 PNG画像どうしの合成、サイズ変換に利用
ソフトウェアの使い方(PDFファイル)ダウンロード
 SatFulldomeの使い方、上記2つの外部プログラムのインストールや設定のしかたについては、こちらの説明書をご参照願います。
TwitterAPIを使ったPythonによる自動ツイートへの道(PDFファイル)」 ダウンロード
 Pythonと連携することで、Twitterに国際宇宙ステーション予報を自動的に投稿するロボット運用が可能です。TwitterAPIの登録方法は、米子市児童文化センターの森山慶一さんが解説書を作ってくれました。ありがとうございました。

SatFulldome 最新版 」 2022年6月14日版
Windows10 および 11 で動作を確認
以下のみなさまから提供いただいたり,公開されているデータを活用させていただきました。
厚く感謝申し上げます。
 ① 恒星や星座描画に関わるデータ Astro Commons(アストロ・コモンズ)
 ② 星座線や主な星の並び線などのデータ 米子市児童文化センター 森山 慶一 さん
 ③ 地上風景のイラストデータ 国立天文台 天文情報センター 石川 直美 さん

おまけ 学会のような場所で使うカウントダウンタイマー


日本プラネタリウム協議会(JPA)の全国大会用に作った、口頭発表時に使うカウントダウンタイマーのようなソフトウェアです。 残り時間が少なくなるとベル音も鳴らしてくれます。 非営利の教育目的用途であれば、断りなくご活用いただくことができます。

JPATimerダウンロード(Windows10,11で動作確認:2MB)